Weblog

緑風爽やか

Collage Fotor180520

週末は崩れるかと思われた天候だが、晴天に恵まれた上に湿度も低く、清涼感あふれる日和となった。

日曜日は、緑のお庭もまぶしい和歌山の緑風舎で、宮下直子さんとデュオのコンサート。スタインウェイのフルコンサートを備える、豪華なサロン。文字通り緑風が爽やかな日曜日、このサロンでのコンサートシリーズは42回を数える。

僕は初出演だが、宮下さんはもう4回目。これまではフルートやヴァイオリンなどの楽器とのデュオだったが、今回初めてのピアノデュオ。しかも連弾。

宮下さんは藝大の同期生だが、卒業後はロンドンで勉強されていたのでお互いバックグラウンドが異なる。しかしお互いに「シューベルト好き」であることで意気投合して今回のコンサートの運びとなった。宮下さんの地元での絶大な人気もあり、ほぼ満席。

8月にはLuluホールでも。この個性的なホールの雰囲気に合わせて、今度は思い切ってフランスもので行ってみようと。こういう思い切ったトライを応援してくれるのも和歌山の空気。とても素敵。


週末は和歌山

180520宮下・砂原デュオ flier

昨日は大雨、今日は暑さが戻ったが、先週は涼しい日が多かった。

巷は物騒な事件が多く、新潟や稲毛で殺傷事件、京都の祇園四条で火事、パリとスラバヤでテロ。スラバヤは昨年訪れたところで、特に心配。

さて今週末は和歌山でデュオのサロンコンサート。宮下直子さんと再び共演で、モーツァルトとシューベルトの美しいプログラムだ。瀟洒な邸宅に、スタインウェイのフルコンサート。チケットの売れ行きもよいそうだ。よい時間を紡ぎたい。



GWはあっけなく・・・

29186558 10215634307600428 3606222582317056000 n

2日水曜日は横山緑&アルフォンソ・フェーディーのチェンバロを聴きに初台の近江楽堂へ。二人はフィレンツェで活躍していて師弟関係でもある。選曲がよかった。フェーディー氏は、ダングルベール、クープラン、バッハの組曲に、彼の師であるレオンハルトが編曲したシャコンヌ。後半の横山さんはラモー、フォルクレ、スカルラッティとヴァラエティーに富んだプログラム。楽器(ジャーマン、ミートケモデル?)もよく鳴っていた。

横山緑さんは、3月にフィレンツェでお世話になった元教え子。イタリアで長く勉強されていて、専門はピアノだが、フォルテピアノ、チェンバロ、クラヴィコードと引き出しが広い。フォルクレの重量感のある表現は、とても迫力があった。


GWは練習してたら終わってしまった・・・


made by satoru sunahara