Weblog

ほぼ weekly コメント。

空気が重たい

急に季節が変わった。

本当は好きな季節なのだけれど、先週は訃報が相次ぎ、また好きな店の閉店の知らせを聞き、気持ちが重たい。体調もよくないし。

芸術の秋、食欲の秋のはずなんだがなあ。

日本のチェンバロ受容史

R0013676.jpg

土曜日は神戸のテアトル・ラモーで、「日本のチェンバロの歴史は関西から始まった」というレクチャーに。講師の梅岡俊彦氏による、興味深い日本のチェンバロ受容史が展開された。戦前にも日本に古楽ブームがあったことが驚き。その頃は、ピアノもまだ珍しい時代なのに、チェンバロやクラヴィコードにも興味の目が向けられていたというのは、当時の西洋文化を吸収しようというエネルギーの大きさを物語ってはいまいか。

SPレコード音源を再生する1930年製の蓄音機がすごい。電気的なアンプもないのに、ものすごい大音量で音質も素晴らしい。

日本のピアノの受容史ともリンクして語られるべき内容かも知れないと感じた。


Vetruccio氏来日

Collage Fotor180927.jpg

台風、今度は関東も凄かった。JRは30日の20時に電車を全部止めるという英断。これはよかったが、翌日朝(今朝)けっこう強風が残り、交通がかなりパニくったようだ。

先週から大学がスタート。春に訪問したイタリア・レッチェ音楽院からValeria Vetruccio教授が25日に来日。21日に関空がなんとかオープンしたため無事に来日できてよかった。

26日はリサイタル。輪郭のはっきりした表現と、特にラテンのメランコリックな旋律の歌いまわしや、リズムのグルーヴ感は素晴らしかった!

27日はマスタークラスで4人の学生と和気あいあいに、しかし的確な指摘を与えておられた。音楽にチャーミングなポップさを持ちつつ、アキレス・デル・ヴィーニュやフランコ・スコラ、リッカルド・リサリティなどに師事した正統派な音楽の痕跡も明らか。


プリエール!

R0013630.jpg

今日は浜離宮朝日ホールでクールプリエールの本番。プリエールとは20年以上のお付き合い。今回は持ち前の繊細さに加え、より一層の軽快さと、スウィング感のある表現を聞かせてくれた。指揮の黒岩英臣先生は、ブラームスがお得意。作曲家への敬意に満ちた指揮ぶりは、ときに重厚、ときにダンスのように軽やか。ほぼ満席の会場からも暖かい拍手。

そして打ち上げがまた楽しい。団員の方々とのマニアックな会話も。中秋の名月を新幹線から眺めつつ、京都へ移動。明日から大学通常です。


秋雨前線

R0013623.jpg

急に涼しくなった。梅雨のようにどんよりの日々。

木曜日は戸塚のハマヤ楽器でピアノ指導者のための講座。2時間、集中して聞いてくださり、たくさん質問もいただいた充実した時間。

金曜日は調布の電通大の阪口教授を訪ね、アップライトピアノの鍵盤に埋め込んだセンサーを見せていただく。打鍵する際の下向きの力だけでなく、前後方向、左右方向も測定。さらにハンマースピードも測れるようにアップグレード。面白い研究ができそうだ。

日曜日は来週に本番を控えたクール・プリエールの練習。熱が入ってきた!

今日は横浜の長浜ホールで、フレンド楽器主催のフレッシュコンクール。もう永いこと聞いているが、今回が第9回。初期の頃の参加者が高校生になっていて、しかも技量表現とも上達していて感無量。


9月は鬼門?

S  9691139

台風被害のほとぼりも冷めないうちに、北海道の大地震。やはり9月は鬼門の月か。

今日は本来、飛行機で移動日だったが、関空が使えず、明日新幹線で移動することにした。そのため、娘の17歳の誕生日を一緒に過ごすことができた。家族で天婦羅、美味かった。


大丈夫か?関空

月曜日から草津温泉で休養。

しかし昨日の台風は壮絶で、関空は特に被害が大きい。水浸しになっただけでなく、唯一の連絡橋がタンカーの衝突を受けて通行不能に。これは長引くかも知れない。

最近、関空を使う頻度が高くなってきたので、復旧が遅れるととても困る。

以前にも、台風で飛行機は動いているのに、関空にたどり着けないことがあった。今後も台風はあるだろうから連絡橋の災害対策が急がれる。

まさかのプール熱

R0013598

また暑さがぶり返す。

夏の最後の本番は和歌山。素敵なB型スタインウェイが入ったLuruホールで宮下直子さんとのデュオ。続いた本番のせいか、体調が低下気味だったが、この本番の前々日から左目が涙目で腫れ上がり、前日は右目も、そして夜は高熱が出た。ぼーっとしながら本番はなんとか終え、週明けの今日診察してもらったところ、どうやらプール熱だったようだ。子供がよく夏にかかる。まだまだ若いということか(苦笑)。今週はしっかり休もう。


豊中・春日部

39558174 1092737540895879 6236895428416110592 n

少し涼しい週だった。先週木曜日は豊中市立芸術文化センターでヴィオラの丸山奏さんのリサイタル。木をふんだんに使った美しく、響きもよいホール。スタインウェイDは、1980年代の象牙鍵盤。1年前にオーバーホールしたと言う、これもよい楽器。オール・ブリティッシュ・プログラムは、たいへんマニアックなものだったし、お盆の真っ最中だったのだが、多くのお客さまに聴いていただいた。しかし丸山奏さんは、穏やかでおっとりして見えるのだが、強靭な集中力とエネルギーを持った方。こういう若手、頼もしいです。

日曜日は春日部市民文化会館で歌とピアノの演奏会。こちらもたくさんのオーディエンス。出演者は春日部女子高校の出身者で、これで6回目。演奏会の後の打ち上げは、和やかな同窓会のような感じ。

25日は和歌山でデュオのコンサート。これで少しひと息つけます。気温が下がったせいか、少し風邪気味だが、なんとか乗り切りたい。


Luruのスタインウェイ

R0013548.jpg

ほとんど外出することなくインドアな生活。

木曜日は和歌山のLuruホールで25日の演奏会のリハ。このホールに新しく入ったスタインウェイB型、まだ新しいゆえ鳴りが開ききっていない感はあるものの、今回のフランス・プロにはいい感じ。パートナーも高音がとても弾きやすいと。スタインウェイならではのリリシズムもあってこういう本番は特に楽しみだ。

さあ今週から演奏会が続くので、ふんどし(履いてないけど)きりっと行きまっせ。

38870725 1825431754209147 8562585206626713600 n


涼を求めて

Collage Fotor1808.jpg

先週末は涼を求めて草津温泉。犬も一緒に。

さすがの草津も、日中はかなり暑かった。しかし朝晩の空気は都会では得難い。火星もとてもよく見えた。1日3、4回散歩できるのも嬉しい。今日からまた灼熱の京都。


暑気払いはブリティッシュ・クラシック

東から西へという珍しい台風が過ぎ、また暑い日々。

授業期間は終わったものの、まだ大学は会議等あり。8月16日に豊中市立文化芸術センターで丸山奏さんのヴィオラ・リサイタルの伴奏をする。先週から練習が始まった。日本センチュリー交響楽団の首席を務めておられる。パッションとたしかな技術で素晴らしいプレイヤー。プログラムは珍しいオール・ブリティッシュ。


◆ヨーク・ボーエン(ロンドンのウィスキー・ディスティラーの息子)のラプソディ

◆フランク・ブリッジ(ブリテンの先生)のペンシェロ、アレグロ・アパッショナート

◆ベンジャミン・ブリテン(戦争レクイエムで有名なイギリスを代表する作曲家)のラクリメ(ダウランドをベースにした曲)

◆アーサー・ベンジャミン(この人もブリテンの先生)のヴィオラ・ソナタ


すごくレアでハードなプログラムで暑気払い!


made by satoru sunahara