welcome

Welcome to "Site S.S."

砂原悟のサイトへようこそ。


R0012420.jpg


2018 水無月


modified WEBLOG page : June 18.

modified CONCERT page : May 3.

recent weblog

大阪地震

今朝大阪で大きな地震。震源は高槻市あたり。地面が陥没したり、外壁が倒壊して死者も出た。被害が拡大しないことを祈る。

(京都に戻ると、こいつが倒れてました・・・)

R0013482.jpg


先週の大きなイベントは、木曜日。府民ホール「アルティ」でのピアノフェスティバル。京都ライオンズクラブのサポートにより毎年開催している。今年はドビュッシー没後100年に因み、オール・ドビュッシー・プロ。ドビュッシーは大人の音楽だから、学生にとっては手強い相手。しかし、なかなか真摯に弾きこなして、お客様も大いに喜んでくださった。学生を応援する市民の皆さんの温かい気持ちが伝わって、嬉しい。来年もぜひ開催できますように。


茨城県新人演奏会

梅雨入りしてから珍しく梅雨らしい日々。

先週木曜は伸び伸びになっていた新入生歓迎会。今年は学部1人、大学院2人。卒業生が多かったので10人と最近では軽めの所帯になった。みんな明るくて、やるときゃやるし言うことなし。

日曜日は久々に水戸。茨城県新人演奏会のオーディション。県民文化センターの大ホールで、この春に卒業した新人や、大学院生を含む社会人が勢いのある演奏を披露。今日発表があり、5人のピアニストが合格!9月30日に合格者による演奏会。



岡本神草

梅雨前線は南にあるようで、関東も関西も晴天が続く。だんだん気温も高くなってきたが、帯広で34度というのには驚いた。

日曜日は千葉市美術館で岡本神草を見た。この艶っぽい「口紅」はわが京都市芸が持っているのだよん。会場入ったとたん、どーんとこれが来る。神草は早逝したため、完成画は少なく、写生や草稿がかなりの部分を占める珍しい展覧会。ほとんどは京都国立近代美術館が蔵している。「口紅」の他にも未完の「拳を打てる三人の舞妓」など圧倒的な作品がある。三人の手の表情が凄いんだよ。

R0013474.jpg

どんより払拭

九州はもう梅雨入りとか。どんよりした日が増えそう。

空気はどんよりだが、胃袋は充実している。

和歌山のイ・ボローニャでいただいた前菜、ピエモンテ州の羊乳チーズ、ロビオラは、思わず顔がほころぶ一品(チーズは本当に好き!)。

R0013459.jpg


京都ブライトンホテルの「膰」(ひもろぎ)では何年に一度口にできるかというサーロインを。

あ、贅沢してるだけでなく、仕事もしてます!はい! 今日は茶漬けでええわ。

R0013464.jpg

緑風爽やか

週末は崩れるかと思われた天候だが、晴天に恵まれた上に湿度も低く、清涼感あふれる日和となった。

日曜日は、緑のお庭もまぶしい和歌山の緑風舎で、宮下直子さんとデュオのコンサート。スタインウェイのフルコンサートを備える、豪華なサロン。文字通り緑風が爽やかな日曜日、このサロンでのコンサートシリーズは42回を数える。

僕は初出演だが、宮下さんはもう4回目。これまではフルートやヴァイオリンなどの楽器とのデュオだったが、今回初めてのピアノデュオ。しかも連弾。

宮下さんは藝大の同期生だが、卒業後はロンドンで勉強されていたのでお互いバックグラウンドが異なる。しかしお互いに「シューベルト好き」であることで意気投合して今回のコンサートの運びとなった。宮下さんの地元での絶大な人気もあり、ほぼ満席。

8月にはLuluホールでも。この個性的なホールの雰囲気に合わせて、今度は思い切ってフランスもので行ってみようと。こういう思い切ったトライを応援してくれるのも和歌山の空気。とても素敵。

Collage Fotor180520

made by satoru sunahara