welcome

Welcome to "Site S.S."

砂原悟のサイトへようこそ。


10月Ancient tales4


  神無月 水野年方:昔話 

Courtesy of Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery, Smithsonian Institution.


modified WEBLOG page : October 16.

modified CONCERT page : September 29.

recent weblog

秋はいずこ

長雨。そして寒い。いつも、今日はこれくらいかな、というのより1枚上手に寒い。今日は厚めのパーカーだったが、マフラーがほしかった。ちょっと喉もいがらっぽいぞ。というか、秋はいずこへ??

今週末は大学院入試。来週から、本番が続く。体調に気をつけなきゃ。

(上野公園で文楽やってるんだ。「にっぽん文楽」。今日は雨天中止だって。)

R0012639 Fotor.jpg

まめまめしく

先週からずっと京都。中秋の名月を拝んだ水曜日以降、天候が崩れてきて、土曜日まではかなり寒かった。ところが日曜日からは、また夏に逆戻りしたような陽気。

日曜日の京芸オープンスクールは、たくさんの人に来ていただいた。公開レッスンは、お立ち見いただくほどの盛況。

仕事の後は、甘いものがいい。大極殿のお菓子が好き。春庭良(カステラと読む)、花背(カステラ生地の餡包み)、そしてこの「まめまめ」。「すはま」なのだが、まるで富貴豆のようにしっかり豆の味。しかし豌豆ではなく、空豆を使っている。大好物。

R0012634 Fotor.jpg

10月

京都に移動してきたら雨が降っていたが、先週は気持ちのよい秋晴れが続いていた。だいたい近年9月は雨が多く、災害が多く、なのに暑い日も多く、あまりよい印象はなかったが、今年は晴れやかで涼しい日が多くよかった。

9月初めに腰痛になって、ひと月近くすっきりしなかったが、ここへ来てだいぶ楽になってきた。やっぱり秋はいい。さあ10月だ。大学も後期日程が本格始動。

鶴見

先週金曜日は鶴見のサルビアホールの音楽ホールで室内楽の演奏会。(コンサートページをご覧ください)

フルートの白川真理さん、オーボエの蠣崎耕三さんと共演。小さなホールだがほぼ満席の盛況。ピアノはヤマハのS6で素晴らしい楽器。ソロ楽器とのバランスが難しいホールだが、スタッフの気配りの届いたセッティングやサウンドチェックにより、それも上手くいったようだ。また11月に鎌倉の東慶寺で、ほぼこのプログラムでの演奏会がある。

確固たるバッハ

台風でハラハラしたが、今日の横浜でのコンクールも無事に行われた。朝家を出る間際まで雨風吹き荒れてたのに電車も動いてひと安心。

このところ腰の調子が悪く、少し良くなったと思うとまた痛くなる。太陽フレアの影響かな。

土曜日は桒形亜樹子さんのチェンバロを聴きに代官山教会へ。ご自身が所有されているフレミッシュチェンバロで、バッハの平均律第一巻全曲。2度の休憩をはさんで2時間半の熱演だったが、全然長さを感じない。

独自の解釈によって、一定のテンポで全曲を弾ききる(tempo ordinario)。また全24曲を8曲ずつに分割するのも根拠があってのことだそうだ。 10月に学会でこれらのことについて発表されるようで、これもまた楽しみ。調律は予想通りレーマン。百戦錬磨の彼女による確固たるバッハ像を感じた。

R0012629.jpg

made by satoru sunahara